saikoの日記帳

2019.12.14

ALLEYS NEW YORK で 肉

会社の人と昼飯行くことになって、なんとなく二人して気になってた謎のハンバーガー屋を訪れることに。
外看板を見るだけだと、明らかにぼくみたいな貧困層が行く場所ではなさそうなふいんき(なぜか変換できない)があります。
そもそもお店が2階にあって中が見れたりできない時点で結構入るのに勇気がいるんですよ。

内装は非常にオシャンティ。
お客さんもぼくらみたいに男性のみなグループはおらず、女性のほうが多い印象でした。
ていうか男あんまりいなくてビビった。

ランチのメニューはこんな感じで、もっとお高いかと思ってたんですがそこまでではなかった感。
最近貧乏状態なぼくでもなんとか注文ができそうです。
特にLIMITED TIMEのメニューは1000円切ってるものもあるので、普通に頼めます。

メニューにも書いてあるのですが、大体がスープおかわり自由みたいでした。

スープはおかわり自由のくせに具がかなりはいってて、オニオンスープ的な味付けで大変濃いのが印象的でした。
この手のスープって、味薄い!具少ない!が一般的っていう考えがあるのですがとても嬉しいです。
ぼくは貧乏性なので3杯飲みました。
こんな美味えもんが飲み放題なら飲んじまうのが俺なんだ…許してくれ…。

さて、お待ちかねのお肉。

最初はハンバーガー頼むために入ったんですが、どうしてもチーハンが気になったのでそっちに変更。
お値段もお安めで1000円前後ぐらい。

これは悪いことを言っているようですが、とてもぼくら向けの量ではありません!!!!

それはさておき、大変美味しゅうございました。
お肉がビビるぐらい粗挽きで、食感コリコリ、フォーク入れるとボロボロっと崩れてしまうほど。
お味はチーズも相まって最高にんまいハンバーグ。
けやき通りにある例の肉屋とは甲乙つけがたいお味。
惜しむらくは雰囲気的にご飯にハンバーグを乗せて食べることがしづらいという点でしょうか。

出てきた時点でオシャンティすぎてビビりましたけど、ガストなんか比べもんにならない程度には美味しかったので花丸です。
次行くとしたらタンドリープレート食ってみてえ。

最後に、店を出てから「女性向けだな…」と思いました。
入ってくる人全員女の人だったのはそういうことだったんでしょうか。
いやでも肉だよ?
いやでもガッツリ行く感じの肉屋じゃなかったな…。
いやでもすげえ美味かったしまた行きたいな…。

暫くは行かないと思いますが(金銭的な問題)、一緒に行く人を募集します!!!!
肉食おうぜ!!!!!

昨日、今週のことをふと思い返してみたら、肉を食べたのはこの日だけでした。
誰か肉食べよ。

新着感想