Hexoのテンプレートの弄り方は???

記事詳細テンプレートの修正方法がわかった!!!

やーっと記事詳細のテンプレートを修正する方法がわかったんですよ。

今日はHexo以外の静的テンプレートとして、Jekyllをインストールしようとしまして。
Rubyをインストールしないといけないということに気づいてやめました。
Hexoはそれ単体で動くんですけど、JekyllはRubyベースで動く静的言語なんですよね。
インストールするだけでいいんですけど、面倒なもんは面倒なんだ!

というわけで再度Hexoのことを調べ始めました。
この前やろうとしてできなかった「記事詳細テンプレートの修正」です。

Hexoは上の画像みたいになってて、各テンプレートファイルをbodyって変数で読み込んでるっぽい?
つまり、layout.ejsのbody変数はpost.ejsとかpage.ejsとかを呼び出してるってことなんでしょうかね。
ですので、結局現状はそのpage.ejsとかを修正するのが一番早いって話ですね!

でもやりたいことはこれだけどこれじゃねえんですよね。
できればlayout.ejsでif文使って記事詳細だけに表示する、とかスマートなことがしたいんですよ。
それ用にテンプレート変数があればいいんですけど、どうすりゃいいんすかね。

まあひとまずは、それぞれのテンプレートがどうやって呼び出されてるのかがわかったので満足しました。
次は「今表示されてる記事と同じカテゴリの記事を5件呼び出す」とかができればいいなーとか考えてます。
そうすれば多少は回遊率に上昇に繋がりますし?
関連記事プラグインはなぜかローカル上でしか動きませんでしたし。
多分page変数を使うところを、post変数に変えてしまってるのが原因だと思うんですけど。

何はともあれ、同カテゴリの表示方法を調べます。
無理だったら諦めて普通にカテゴリリストを作ります。

それでは今日はここらでサヨウナラー