saikoの日記帳

日記
2019.12.25

インデントを!!!HTMLに!!!付けてください!!!

メロスには政治がわからぬ。

メロスは、会社勤めのコーダーである。
キーボードを叩き、客と遊んで暮して来た。
けれどもインデントの位置に対しては、人一倍に敏感であった。

インデント付けてよ!って話

大っぴらには人のことを言えないので、Twitterには書けない内容的な…。
Qiitaとかに書いたら「お前はどうなんだよ!」とか言われそう、と保険を掛けておきます。

一言で表すと、インデントとかに関してです。
決してHTMLの構造だとかセクションだとかアウトラインだとかって話ではないです。

コーダーやってると、他人のソースを見たり弄ったりするときが結構な割合であります。
そういうとき、ソースが見やすい場合と見にくい場合があるわけですよ。
そんな中その判断を下す基準としては、ブロックごとに分かれてるかとか色々ありますが、ぼく的には「最低限のインデントが付いてる」か否かが一番低いハードルとしてあります。
ちなみにぼくのインデントは半角スペース2つです。

いやこれ、別にインデントの数を2つにしろとか4つにしろとかそういう強要をしているわけではないんですよ。
極端な話かもしれませんけど、最近インデントがほとんど存在しないソースコードを弄らされまして。
このブロックどこ?書いてある場所どこ?っていうことになりました。

しかもそれだけではなく、インデントの量が場所によってマチマチ。
これの何が悪いかって、ネストの関係が全くわからないんですよ!!!
こことここ、同じ深さで<section>だけどなんでソース上は深さ違うの?って。

時間がなくて慌ててるのはわかるんですが、HTMLは入れ子関係がわからん状態だと、ソースの解析から始めないといかんのですよ!!!!
(多分他のプログラムも大体そう)

しかもなんか所々に変な半角スペースが入ってたりなかったり。
ソースコード上の距離がブロックごとで微妙に違ったり。
そもそもブロック同士のネスト関係がわからないし…。
しまいにゃ<” “>と<””>が混じってるし?

なんじゃこら。

フロントが合ってればオッケー!?

これまた極論、コーダーが出す成果物はフロントで見たとき問題なけりゃ誰も文句は言わないです。
コーダー以外。

でも何か月か経ったりしてそのソースを改めて見たとき、それが自分か他人かは知りませんが、間違いなく彼or彼女はキレます。
これを作ったのはどいつだ!と叫びます。
(実際には叫ばず黙ってソースを修正しはじめます)
(これすごいコードだね、と多少の嫌味は入ります)

とはいえ、デザイナーも熟達者になるとソースを見始めます。
なぜかといえば、自分の思う通りにデザインを書き起こしてほしいからですよ。
中にはコーディングも行うことのできる段違いのパーフェクトヒューマンもいますが、その辺になると自分で全部やり始めるのであまり関係はないです。

そんなことがあったりなかったりするので、コーダー志望ならちゃんとインデントを付けてソース管理しようねって話。
久々にどこに何が書いてあるのかさっぱりわからんソースを見たので愚痴ってほどでもないですが、書きました。

ちなみに(おまけ)

すごく適当に書きましたけど、大体こういう感じのソースでした。
なんていうか、整理の苦手な人なのかな?って感想。
別に中身まで詳しく検分してどうのしたってわけではないのでどうでもいいんですけど、すげぇなって。
正直PHP云々でWordPress覚えさすより先に、文法の基本ってわけじゃないけど綺麗にソース書けるようになってくれないかな。
これソースとして渡されたらまず整形で半日かけるわ。

ということがあったので、

・インデントつける(ぼくの場合は半角スペース2個分)
・タグを見やすく書いてくれ
・軽くで良いからHTML5の文法について調べてくれ

ぐらいはやってほしいですよねほんと。
ぶっちゃけイラレとかで機械的に出すソースコードとなんも変わんねえじゃんね。
これを人間が出すんなら人間いらんわ、機械でいい。

そろそろ人間が書くレベルで、後々人間が保守できるぐらいのソース書けるツールとか出ないの?
まあ出たらぼく失職すると思うけど。

同じカテゴリの他の記事

新着記事