saikoの日記帳

日記を書いています。

時の経過が早すぎてもう来週がコミケという事実に対応しきれなかった

時間が足りねえ

サークル参加をするわけでもない一般参加者でも!!!
やることはあるのよ!!!

ということで来週…来週?いや今週?
コミケがもうすぐそこという事実に恐れおののいています。
28日からだってよ。

残されたやること、というかこれだけはやらなくちゃいけないというサークルチェックが何も進んでおりません。
まあはじめたの今日なんですけどね。

コミケはWEBカタログが大変優秀なので500円だけぽいっと課金して、リストバンドを購入したら準備完了です。
後は頑張ってサークルチェックをしようねって話なわけで。

今年もコミケは、チェックしたサークルをWEBカタログでPDFに出力、それをPhotoshopでそれっぽく加工したものをスマホに入れていきます。
つまりぼくの作ったWEBページは一切使わないということになります。
だってしょうがないじゃない、特に使う必要もないんだから。
アレ以上に便利なもの誰か作ってよ、使うから。

未だに紙を持ってる人たち

こういうイベントとかがあると、ぼくは当日紙を持ってる人を見て「大変だなあ」という感想を持ちます。
別に見下すとかそういうことを言っているわけではないんですけど、君等が持ってるスマートフォンというアイテムは何のための道具なんだろうねって。
多分Twitter専用機。

スマホなんてものは大変便利で、PDFとかはそのまま読み込めます。
WEBカタログは500円課金するだけで、サークルリストの生成とリスト化したPDFの表示なんてことをやってくれちゃいます。
じゃあそれをそのまま読みゃいいじゃねえかよ!っていうレベルで便利。

とはいえ、紙の利点も大きいのは事実。
一番デカイのは当然、自分の好きなように情報を配置できること。
しかも余計な知識は一切不要、小学校通ってなくても鉛筆が使えりゃ自分だけのお宝地図が作成できちゃう。
スマホを使ったりすることの不利な点は、やはり情報がないとそこまでたどり着けないこと。
ぼくも高校の頃とかは普通に紙に直接書き込んだものを持っていって見てました。
自由に情報配置できるのって強すぎると思うんだよ。
未だに実現できないシステムの壁(利用者の知識・情報的な壁)

そんな紙使いの人々ですが、たまに地面に地図敷いて読んでる人がいるんですけど、アレはどういう人種なんですかね。
結構レベル高いと思うんですよ、お前水曜どうでしょうのヨーロッパ編かよみたいな。
あそこまで行くともうスマホ使えよって思ってしまう。

実際、イベントとかで一般参加者側の人達はどのぐらいの割合で機械・紙なんですかね。
もりもり増えてるのでしょうか、機械側も。

なんだかんだ言った所で、結局「知らんからできん」に落ち着くんですけどね。
ぼくみたいにもうスマホしか見ない人間もいれば、紙しか知らねえしこっちのほうが便利だろうがって人間もいるし。
全員が全員同じもの使った所でつまんねーししょうがない。

それはそれとして、コミケ1週間前だからちょっと言いたいことがあって。
紙使うのはいいんだけど通路真ん中塞いで紙をじっと見つめてるのやめてもらっていい?
君すごい邪魔なんだけどなんで毎回君みたいな子がおるん?
情報弱者か?

あ~~~~~~~~~~~~~~~道塞ぐ全国の人々が急に爆発しねえかな~~~~~~~~~~???
「頭がパーン!」してほしいな。