ZOOT NATIVEは神回線を実現させるぞ

光あふれるインターリンク

誰しもが悩みに悩む回線問題。 ぼくもその例外になく、遅い田舎の回線速度に悩まされていました。 プロバイダを変えど、ルーターを変えど上がらぬ速度結果。 ゴールデンタイムにもなると、3Mbpsまで落ち抜く体たらくぶりです。

そんな深遠にとうとう光が差したのです。 それが「ZOOT NATIVE」。 そう、インターリンクです。

さて

なんか原理はわからないけど、すごい速くなるんです。 わからない人はPPPoEとIPoEをググってください。 たくさん出てきますよ、勉強用資料が。

ぼくがやったのは至極単純で、契約変えてルーター変えただけ。 資料として、インターリンクに問い合わせをしたときのPDFファイルを置いときます。

手順的には、

1.インターリンク社、ZOOT NATIVEを契約 2.インターリンク経由でアイ・オー・データのDS-Lite対応ルーターを購入 3.モデム(PR-400KI)と購入したルーターを接続 4.ブラウザでルーターにアクセスして、設定からtransixを選択

これだけ。 PR-400KIはインターリンクのIPv6設定ができません。 しかし、ZOOT NATIVE契約してtransix設定できればどうにかなります。 この辺の仕組みはいまいち理解できません。 知らないけど動けばオッケー!

無線も有線もちゃんと動いてるので、問題はないはず。 インターリンクに右の図で問い合わせを行った所、これで間違いないとのこと。 なるほどね。

結果

結果としては、ちゃんとコミットされました。 そいつが右の画像です。

何回やっても200Mbpsを出す化け物っぷりを発揮しています。 これまではどうあがいてもゴミみたいな速度しか出なかったんですけどね。 ADSLかよってぐらい。

とりあえず、尋常じゃないぐらいの速度を出せてはいますが、様子見です。 これまでの経験上、最初は速度が出るけど…というパターンも何度かありました。 それを考えると、もしかしたらまた低速度に戻ってしまう可能性もないわけではありません。 これから1週間ぐらいは速度測定しながらって感じですね。

回線速度に悩まされてる人は、ぜひともDS-Liteを利用した接続を試して欲しい所です。 インターリンクだけでなく、他にもいくつか実施しているプロバイダはありますし。 まあでもインターリンクなら2ヶ月無料で違約金とかもないんですけどね!!!!????

インターリンクの回しもんってわけではないんですが、想像していた以上に喜んでるので、つい。 皆も回線速度上げて行こうぜ!

それでは今日はここらでサヨウナラー

コメントを残す

同じカテゴリの他の記事

新着記事